2020年5月18日月曜日

~コロナ禍に始まる閉塞と分断の時代に向けて~


~コロナ禍に始まる閉塞と分断の時代に向けて~
 
俳句集団【itak】代表 五十嵐秀彦

 

今回の新型コロナ・ウイルスの世界的な感染拡大によって、緊急事態宣言が出てそれにともないあらゆる活動の自粛が行われています。特に不要不急の外出はひかえるということが広範囲に広がり、私たちの日常生活が大きく変化したこの数か月となっています。
新型ウイルスが感染者の一部に致命的な症状を起こさせることが明らかになったために、自粛等は当然取るべき対応ではありますが、そのことによる社会の在り方の変化は、全国的な災害の発生と等しいものと言ってもいい状況になりました。
東日本大震災にも匹敵する災害の中にいま私たちは生活をしています。
これまでの災害は、人々の団結と互助によって乗り越えてきたのですが、今回のものは人々が個々に孤立するという対応となっているところに大きな問題を抱えているようです。
 
文化活動が甚大な影響を受けているのは、皆さんご存知のとおりです。あたかも不要不急の代表のように扱われていることに不満や不安、違和感を持っている人も多いことと思います。
 
私たち俳句集団【itak】は、座の文芸と呼ばれる俳句の原点に回帰することで、文芸活性化の起爆剤となろうとして旗揚げし、それを目標に活動継続してきております。
 
座という「場」は実際に顔を合わせて、そこで心を通わせながら言葉で遊ぶということでありましょう。かつてより「座の文芸」と口では言いながら、実際にはその性格が希薄となり、紙媒体のメディア・俳誌の発行のための俳句団体の運営が中心となっているのが一般的になってしまっています。
それはそれで意味のあることではありますが、別な角度からかつての鎌倉~室町時代の辻連歌のような自然発生的な座を現代的な形で復活させようとしているのが、俳句集団【itak】です。 その姿勢はこれからも変わりありません。

この自粛社会が再び以前のように自由な社会に戻った時には、これまで以上に活発に活動を再開する予定でおります。
 
ただ、そこに不安もあるのです。
ネット社会を活用するということで、直接に会うことのできない不便を埋める動きが強力に進められていますが、「これからもこれでいいのではないか」という雰囲気が社会に広まることに私は強い危惧感を持っています。
不安感に煽られるながら変化する社会にあって、「座の文芸」はますます形骸化するのかもしれません。
今後、再び以前と同じ自由な社会に戻るのであれば時間の問題でしかないのかもしれません。あるいは、そうではなく「自由を制限された社会」「個々に分断されネットに監視される社会」が到来するのかもしれません。今は、だれも正確には予測できない状況です。
私たち俳句集団【itak】は、状況を分析しつつ今後の活動の再開を模索し、これからも「座」の復権に力を尽くしてまいります。なぜなら「座」こそこの国の民衆の力であり、文化の基盤であるからです。
 
皆さんの協力なくして俳句集団【itak】は存在いたしません。
今後もご支援いただきたく、よろしくお願いいたします。
2020.5.16)
 
 

2020年4月20日月曜日

【中止のお知らせ】コロナウイルスの感染予防のため第49回イベントも中止します

俳句集団【itak】です。

 
ニュース等でご存知の通り、4月12日に北海道・札幌市緊急共同宣言が出されました。
たいへん残念ではありますが、5月9日の【itak】第49回イベントはみなさまの安全を第一に考え、中止を決めました。
 
今回中止する企画『帰って来たペナンペ・パナンペwith 豊川容子』は、日を改めまして実施したいと思います。詳細は改めてお知らせいたします。
7月のイベントは、前回中止となりました講演会『川柳 昨日今日』の予定となっております。
みなさまとまた、元気に再会できますよう、心より願っております。

 
俳句集団【itak】事務局・幹事一同
 

2020年4月9日木曜日

第49回 俳句集団【itak】イベントのご案内(中止)








2017年の【itak】講演会、2018年の「イランカラプテ」藍生×【itak】合同イベントに続き三度目のオファー!歌もコントも俳句の腕も上げてあの3人が帰ってきました。4月には白老町に民族共生象徴空間「ウポポイ」も完成、今みんなが注目するアイヌ文化について、3人がいろいろ語ったり皆さんの質問にもお答えします。もちろん歌もお笑いも披露し、明るく楽しいアイヌ文化を皆さんにお届けしますのでお楽しみに。ここで一句。
「五月には イランカラプテ itak utar 」
(五月に会う時には【itak】の皆さんの心にそっと触れさせていただきます)。

◆日時:2020年5月9日(土) 13:00~16:50

◆場所:北海道立文学館 講堂(中央区中島公園1番4号)

◆プログラム◆

第一部 お笑い・投げ銭ライブ
『帰って来たペナンペ・パナンペwith 豊川容子』
~アイヌ文化の伝承活動とその表現方法~

漫 才 川上竜也・川上将史(ペナンペ・パナンペ・お笑いコンビ)
ライブ 豊川容子(nin cup(ニン チュプ)ボーカル)
第二部 句 会 (当季雑詠2句出句・3句選)


※受付開始12:30、投句締切13:00・欠席投句なし

<参加料> 一 般・500円、高校生以下・無料
※出来る限り、釣り銭の無いようにお願い致します。


受付の混雑を避けるため、なるべく事前にお申込みください。締切は5月7日です。また、当日のご参加も大歓迎しております。遠慮なくお越しください。
お申し込みには下記のいずれかを明記してくださいませ。


①終日参加
②終日と懇親会に参加※懇親会詳細は下記をご覧ください。
③講演会または句会のみ参加(どちらか明記)


懇親会もございます。ぜひご参加ください。

2020年2月26日水曜日

第46回イベント抄録 「出張!サブカル句会」

 イタックの第46回例会が2019年11月9日に札幌市内の道立文学館で開かれ、俳人五十嵐秀彦さんと俳優小林エレキさん、漫画家田島ハルさんの3人による北海道方言の俳句をめぐるトーク「出張!サブカル句会」が行われました。事前に応募された159作品から選ばれた23作品について、道産子ネイティブの3人が楽しく解説。会場も大いに盛り上がりました。ざっくり紹介します。

秀彦 今日は事前の投稿をもとに、おしゃべりする句会です。
エレキ 俳優やっている小林エレキです。ハルさんと某ラジオ局の某番組でパーソナリティやらせてもらってます。俳句はずぶの素人。ノリで選びました。
ハル イタック参加させてもらっているのですが、いつも隅っこでぼーっとしているので、みなさんの目の前に立っているのは不思議な感じ。両脇に父と相方が座っている。それも不思議な気持ち。句を肴に、3人で楽しくやりたい。
秀彦 ラジオ番組というのは、HBCラジオの深夜番組「サブカルキック」。ゲストをよんで、よく分からない話を毎週しています。土曜日の深夜。
エレキ 最初は2時、押し出されて今は朝の4時からやってます。五十嵐先生のことは、愛情を持って「秀彦」と呼んでます。
ハル 会ったときから秀彦と言ってます。
秀彦 今日は北海道弁だけでなく、道外の方言でもオッケーとしたところ道外からも少し来ました。159句も集まって驚きました。面白かった。
エレキ 北海道弁って内地から来た方が持ってきたものが多い。調べたらこっち側だよっていうのもありました。

●全体の印象。人気の北海道弁
ハル 固有名詞の方言、ザンギ、ダイコン抜きとかもありました。
エレキ ダイコン抜きの遊び知っている人いる?
秀彦 意外と少ない。
エレキ 年代によるのかな。足を引っ張る遊びで抜けたら負け。
秀彦 「たくらんけ」も出てきた。職場で「たぐらんけ」と言われたこともある。(「たわけもの」というような意味だけど)訳してもしょうがない。たふらんけというところもあるみたい。これじゃなきゃ伝わらないというのもある。「もちょこい」(くすぐったい)とかね。
ハル 「あずましい」も「落ち着く」と訳されるけど、ちょっと違う。
エレキ サビオも北海道弁なんですね。商品名。九州のほうの会社の製品。カットバンと同じ。九州の会社が頑張ったんでしょうね。北海道で広まった。
秀彦 ネットで調べたら、これは方言だと出てた。カットバンの代表がサビオという地域が、北海道と全国で何カ所かある。千葉でもサビオだったらしい。「やきべん」(即席麺。マルちゃん「やきそば弁当」)もありましたが、僕としては北海道という印象はなかった。
エレキ やきべんって省略するのは最近かな。最近のイメージ。
ハル セコマも。正式名称になった。
秀彦 セコマは全国化した。上の世代が言っていたこともたくさんあった。「がおる」とか。ほおがこける、ぐったりしてるという意味。とても面白かった。今回は159句から、3人で10句ずつ選んだ。

●3人の選句
【7番】秋の鞦韆闇が「押ささる」と言ふ(秀彦、ハル○)
秀彦 典型的な北海道弁の活用。「なんとかさる」。これつけると面白いニュアンスが出てくる。「食べらさる」という広告がある。「巻かさる」とか。「さる」がつくと責任逃れのイメージ。スイッチが「押ささる」とか。
エレキ パンツとか見らさる。
秀彦 自分が見る訳ではない。「さる」はたくさんあったけど、これは句としてマジで作った感じ。俳句としても。
ハル 句としてかっこいい。完成度が高い。脱力、ふわっとした感じ。闇とのギャップがいいなと思った。

【11番】干柿のはぶててS字フックかな(岡山)(秀彦○)
エレキ 岡山弁?
秀彦 「はぶてて」。調べました。成長するって意味でなかったかな。干し柿って伸びるの? 形かわって、S字フックのようだと。形が歪んだと。「はぶてて」が面白いと思った一句。
【13番】 前足に手袋を履きヒトとなる(秀彦、ハル○)
ハル 手袋をはく、普通に言いますよね。
エレキ 道外ははめるっていうらしいですね。でも、履くですよね、みなさん。僕も好きな句だった。
ハル 人でなかったんかいって。お前はだれだ? 犬用の手袋もある。滑るから、寒冷地では犬に靴を履かせる。そのこととも取れる。犬が人になった。
秀彦 そうも読めるし、人間が手袋をするときに、自分の手を足の一つと思ったのかなと。自分が手袋はめたときに人なんだと気付く感じがした。

【14番】鮞(はららご)のおにぎりばくろ海老マヨと(エレキ○)
エレキ かわいい言葉。交換する。ばくる系の句はけっこうありましたしたが、コレはかわいい。庶民的な感覚で選びました。筋子とエビマヨ、交換するには対等ではない。軽く脅迫してる。筋子のおにぎりをよこせと。上下関係がしっかりしているのでは。
ハル 人間関係見え隠れする深い句。
秀彦 学生時代、方言だと思わないで使う方言だよね。道外では100%通じないです。でも、方言ステータスもあって、東京では方言がもてはやされることもある。

【20番】俺ゲッパJBゲロッパ狂咲(兵庫)(秀彦○)
ハル ラップみたい。
秀彦 北海道の人ではない。兵庫の人。ゲッパ、言わなくなった。知らない? ゲッパは「ビリ」という意味。運動会で一番最後、ゲッパって言われる。
会場 「ゲレッパ」って言ってました。
秀彦 げれっぱは、げっぱの活用形。げっぱ、げれっぱ、ゲロッパと活用する。
エレキ ファンキーですね。
ハル ジェームス・ブラウンが俳句になる。季語がいいですよね。上手。

【31番】寒蟬の遠くかしがるゴッホの絵(ハル○)
ハル 「かしがる」が方言。愛媛の人だけど、愛媛の方言なのかな? 北海道? 傾くの意味。
秀彦 北海道でものすごい使います。標準語だと思っていた。「かしげる」はある。「かしがる」はない。「かしがさる」が、「かしがる」になったのではないか。「さ」が抜けて、音便化になると。
エレキ 押ささるの「さる」?
ハル この絵が傾いてるの、おれのせいじゃねーしって感じですね。俳句として好きと思って取りました。

【34番】わかさいもって芋入ってないっしょ(愛媛)(3人とも○)
秀彦 ストレートな句。つい取ってしまった。
エレキ 勢いがある。「そうだね」と言わさる感じが好き。
ハル 道民の常識。芋の食感を出すために、白あんに細い昆布を入れている。
秀彦 愛媛の人だけど、北海道への望郷の句と思った。泣けてくるな。ないっしょ、「しょ」というのは消えることがないと思う。
会場 「内緒」とかけているのでは?
3人 イントネーションはちょっと違うけどね。
エレキ 役者やってて気を付けてはいるけど、北海道は「椅子」「コーヒー」もイントネーションが微妙に違う。NHKのナレーションの仕事もするのですが、NHKはイントネーションに厳しいです。

【39番】木枯の身にじぇんこ無しべんこふる(ハル○)
ハル 取ってるけど分からなかった。
エレキ 「ジェンコ」は分かった、「べんこ」は調べた。ゼニコのこと。飲み代ないという感じかな。
秀彦 「ジェンコねえんだわ」は、よく言った。品がないほうかな。ジェンコは「ない」と続くのが北海道弁。ある時はじぇんことは言わない。べんこふるは分からなった。おべっか使うという意味だって。結構知っている人いますね。ご機嫌を取るとか。

【43番】こわいって言うから檸檬煮ておいて(エレキ○)
エレキ 「こわい」って面白いな。疲れただけど、けだるい感じもある。優しい感じがある。ばあちゃんが良く言っていた。
秀彦 「こわい」と「疲れた」は語感が違う。肌で分かる。東北でも言うはず。
ハル クエン酸とってねってこと。

【47番】したっけさなまら亀虫いるだべや(エレキ、秀彦○)
エレキ やけくそ加減がすてきだなーと思いました。カメムシの脅威、錯乱している感じ。
秀彦 「したっけ」「なまら」「だべや」。ここまでコテコテに入れてくるのは驚いちゃった。全部分かるよね。したっけは後の世代ではないかな。俺の印象では子供のころは使っていなかった。「したっけ」って別れるじゃない。高校生くらいから使っていた。何だそれはと思った。函館では昔からあいさつであったと。
会場 「したらね」って言ってました。

【58番】こんぼほりしてデレッキで叩(はた)かれる(ハル、秀彦○)
秀彦 デレッキジョンバも石炭ストーブがらみですよね。懐かしい。ごんぼほり分かります? だだこねる。子供叱るとき。デレッキでたたいたら、死ぬよね。今だと虐待ですね。デレッキの語源はよく分からない。英語、オランダ語らしいけど、はっきりしないみたい。石炭ストーブが入ったときになまって。私の親は、なぜかロシア語といっていた。噓を教えられて信じていた。

【61番】七五三めんこにじぇんこあげらさる(ハル○)
ハル おこづかいを、かわいい子に「あげらさる」
エレキ 冬が厳しい分、自分にやさしく。

【67番】つっぺした内縁の妻食うおでん(エレキ○)
エレキ 鼻が止まらない時にティッシュとか詰めるのが「つっぺ」
ハル 長くしてしまうと、汁物とか食べる時についたりしてね。
秀彦 内縁の妻、すごいよね。詩的喚起力がある。おふざけ企画に乗じて真剣な句を出している。上五変えれば、深刻な句になる。
エレキ エロいですよね。
ハル ちょっとかわいいかも。

【76番】愛犬もかててゲロリや冬晴るる(ハル○)
ハル 「ゲロリ」はググっても出なくて…。ゲタスケートのこと? 「かてて」は仲間に入れる。
秀彦 雪スケート? 知らないでしょ。ゲロリがどんな道具が分からないけど。ゲタの裏側に竹などをつけて滑る「ゲロリ」。
会場 小樽ではあった。ゲタスキーとか。
秀彦 雪スケートと言っていた。道のつるつるしたところ、ゲタに歯がついている。明治から昭和初期に使われたって。
会場 「がんじゃスケート」
ハル 勉強になりましたね。

【83番】重ね着のゴムたごまっていずぃいずぃ(エレキ、ハル○)
エレキ 「いずい」って独特。違和感みたいのが「いずい」。たごまる「だごまさる」とも言うよね。靴下だごまさるって。「い」が小さいのもかわいい。
秀彦 「たごまる」も標準語と思っていた。

【95番】冷蔵庫開けて羆はおっちゃんこ(秀彦○)
秀彦 実際にヒグマってやるんだよね。冷蔵庫を前足で開けて、食べる。知床などである。「おっちゃんこ」は方言なんですね。おっちゃんがおっちゃんこ。

【97番】なんもにはなんもとかえすねこじゃらし(秀彦○)
秀彦 「なんもさ」って言わない? 優しいよね。親身になってくれている。「大丈夫」よりも「なんもさ」のほうがいい。なくしたくない言葉。
エレキ 「なんも。泊まっていけばいいっしょ」みたいに使う。
ハル ぶっきらぼうな感じがするけど温かい言葉。

【103番】新米のなまら美味くて食べらさる!(エレキ○)
エレキ 本当にその通りだなって思って。ビックリマークに勢いがあって選ばさりましたね。
秀彦 なまら使わなくなってない?
エレキ 若い人は使わなくなっている。祖父祖母がいない家庭は、方言あまり言わなくなる。
秀彦 なまら美味いは、いいな。こんな感じだよね。

【112番】ありつたけサビオを壁に貼る夜寒(千葉)(エレキ○)
エレキ サビオを壁に張るのかって。台風に備えているのかなとも思ったけど、太刀打ちできないよなって。不思議な俳句と思って。
秀彦 千葉なんだよね。ネットで調べて使ったのかな。かなりの人、上手だよね。シュールだし、怖いよね。すごい句だよね。

【129番】だらせんのこったらべっこ秋じめり(ハル○)
ハル 「こったらべっこ」ピンと来ないので調べました。ほんの少し。あまり言わない?
エレキ おばあちゃんに「ご飯、こたっらべっこ残して。はんかくさい」って言われた。
ハル そういえば「お米あめるしょ(いたむでしょ)」っていうのも。
エレキ 「こったらもん」って言いますよね。こったらべっこ、妖怪の名前みたい。

【134番】デレキよりジョンバで叩くほうが好き(エレキ、秀彦○)
エレキ 「ジョンバ」は「シャベル」だよね。SM的な要素かなと。性癖的な。それかなと思って、面白いと思って。
秀彦 叩かれたら大変だよね。石炭をすくうスコップだよね。プラスチックのスコップってあるけど。
会場 木で作ったものがジョンバ。
秀彦 僕は鉄のイメージだった。

【143番】 銀杏並木いいふりこきとそれ以外(秀彦○)
秀彦 いいふりこき、いい言葉だよね。決定的な言葉はないよね。「こき」がいい。感情が込められている。俳句のテクとしても良くできている。

【152番】いなびかり妻をばくれと唆す(エレキ○)
エレキ たまにばくるのもいいかなと。妻を「ばくる」ってなかなかですよね。
ハル 「唆(そそのか)す」相手がいるんですね。
秀彦 稲に米を作らせるために「稲つるみ」から。稲の妻とかもいう、これも結構な俳人が作っていると思う。





















秀彦 これでぜんぶ終わりですね。1位決めてもしょうがないので、締めくくって、終わります。方言はなかなか俳句では使えない。(決まりがあるわけじゃないけど)通じないことが多いので。そのためか、今回はそのうさをはらすように、やまほど方言が来ました。面白かった。
エレキ 北海道で暮らしていても、いまさら知らないものとか、意味を取り違えているとか。深いなと堪能しました。

2020年2月25日火曜日

【中止のお知らせ】コロナウイルスの感染予防のため第48回イベントは中止します

俳句集団【itak】です。

 
ニュース等でご存知の通り、新型コロナウイルスの感染数が日毎増加、
道内でもつぎつぎと確認されております。
 
たいへん残念ではありますが、3月14日の【itak】第48回イベントはみなさまの安全を第一に考え、中止を決めました。
 
今回中止する企画『川柳 昨日今日』につきましては、日を改めまして実施する予定です。
詳細は改めてお知らせいたします。
また、5月のイベントはただいまのところ通常通り開催予定です。
第34回・第38回に登場いただいた、ペナンペパナンペと豊川容子さんに再び登場して頂く予定となっております。どうぞお楽しみに。

今のところインフルエンザと同じ予防を毎日こまめに続けるしかありません。
どうぞみなさん、手洗い・歯磨き・帰宅後のシャワーなどで予防に努めてください。
マスクの正しい装着なども重要です。人混みを避け、お互いのマナーとエチケットを心がけましょう。

大きな句会なども中止や延期を余儀なくされる場合もあるかと思います。心さびしいものではありますが、安全が第一です。
早期の終息となり、5月にはみなさまと元気に再会できますよう、心より願っております。


 
俳句集団【itak】事務局・幹事一同