2021年1月4日月曜日

謹賀新年2021・新年詠

俳句集団【itak】です。

本年もよろしくお願い申しあげます。

2021年・新年詠をご高覧くださいませ。

俳句集団【itak】幹事一同




あしたには孤島となりぬ鏡餅  五十嵐秀彦

アマビエにすがるご時世去年今年 林 冬美

生ほし立つ独り子見上げお正月 田口くらら

初夢を泳ぎ来てまだ濡れてゐる 松王かをり

三日はや砥石たつぷり水を吸ふ  太田量波

去年今年数多を捕らえ伴宙太   頑黒和尚

昏迷の窓よりひかり初寝覚   近藤由香子

目覚ましの文字盤しるき大旦   鈴木牛後

鏡餅高齢の猫通ります      安田中彦

引継ぎし山菜づくし雑煮椀    小路裕子

左義長の火柱にただ乞う日常   久才秀樹

声も瞳も清しくしたる春著かな  青山酔鳴

新玉の日が上るとて寝屋の中   音羽紅子

極楽の光注ぎし年酒かな     三品吏紀

福袋売場をきゅっと拭き終わる  角田 萌

慶びの天の岩戸のこゑ第九    増田植歌

病棟の窓に灯のある初山河    籬 朱子

あらたまの暁月夜願ひとつ    平 倫子

会話には膜うつすらと葛湯吹く  栗山麻衣

初春や視線合わない二人描く   田島ハル

コロナ禍を小脇に抱え去年今年  大原為流

よその子がただでかくなる年賀状 山田 航

切り傷に染みる初茜の眠気    村上海斗

初筑波黒のサドルの引き締まる  島崎寛永

静謐の中の混濁淑気満つ     Fよしと

御降の煌きパンシロンは粉  福井たんぽぽ

炭住の残らず消えて冬銀河    岩本 碇

香炉灰幾度も鎮む去年今年    安藤由起

三度目も陰性のまま年うつる   橋本喜夫



2020年12月26日土曜日

第53回俳句集団【itak】イベントのご案内



第52回イベントはコロナ感染予防に配慮しながら講堂定員の約1/3の人数、34名にて開催しました。『さっぽろ野鳥観察手帖』著者・河井大輔さんの講演は興味深く俳句の種がたくさん溢れておりました。

次回第53回は『暮らしを豊かにするヒップホップ入門』。講師は山田航(歌人)・MC松島(ラッパー・DJ)・吉田慎司(中津箒職人)の各氏です。

1月のみ第3土曜日に開催となっておりますのでご注意下さい。会場は今回も教育文化会館です。コロナ対策の為運営の手順は前回同様とし、事前予約・事前投句のみにて参加受付いたします。希望者は必ずお申込みください。残念ながら、今回も懇親会を見合わせましたのでご了承ください。

第53回イベントのご案内

◆日時 2021年1月16日(土)13時~15時50分

◆会場 教育文化会館・4階講堂(北1西13)

◆定員 70名

◆プログラム◆

第1部 講演会『暮らしを豊かにするヒップホップ入門』

    講 演 山田航(歌人)・MC松島(ラッパー・DJ)・吉田慎司(中津箒職人)

第2部 句 会 当季雑詠2句事前投句・3句選(天地人・選句表は当日配布)

<参加料>一 般・500円、高校生以下・無料

※出来る限り、釣り銭の無いようにお願い致します。※懇親会はありません。

2020年11月4日水曜日

第52回俳句集団【itak】イベントのご案内




 札幌の市街地近隣の公園で見られる野鳥について、主に小鳥を中心に「いつ」(季節)「どこで」(環境)「どんな」(種類)鳥が見られるのか。初心者の方が鳥を探してみようと思った時、まず目を向けるべきポイントはどんなところか。鳥を観察する際、どのような点に着目したらよいか。鳥の声を聞き分けるコツなど、野鳥観察の楽しみ方についてご案内を差し上げたいと思います。



 ◆日時:2020年11月14日(土)13時~15時50分
 ◆場所:教育文化会館4階・講堂(中央区北1西13)定員70名
 ◆参加申込・メール投句締切:11/12(木)17時
        夏雲投句締切は11/13(金)17時

 ◆プログラム◆ 


  第1部 
講演会 『野鳥観察(バードウォッチング)はじめの一歩』
      
講 演 河井 大輔(『さっぽろ野鳥観察手帖』著者)
  第2部 句会(当季雑詠2句事前投句3句選)
 <参加料> 一 般・500円、高校生以下・無料。 釣り銭の無いようにお願い致します。
  ※コロナ対策の為完全予約制・時前投句のみ、欠席投句なし。
  ※受付開始は12時55分頃、場内の指示に従ってください。



【重要】
・当分の間コロナ対応にて事前予約・投句となります。当日参加はお受けできませんのであしからずご了承ください。
・人数制限の為、予約は先着順といたします。キャンセルはすみやかにお申し出ください。当日の体調不良は会館管理者から入館を制限される可能性があります。
・投句方法は予約者個別に詳細通知します。また、当面懇親会は行いません。

<事前予約フォーマット・以下の該当部分を埋めてFAXまたはメールをお願いします>
1、(  )終日参加
2、(  )句会のみ参加
※1、2の方は以下の①、②または③に(〇)をつけ、②の方は投句を記入して返信ください。
(  )①夏雲システムで投句する
(  )②メールで投句する
(  )③句会は見学のみ
【投句a:           】(夏雲利用者は直接システムに入力)
【投句b:           】(
夏雲利用者は直接システムに入力)
3、(  )講演会のみ参加
4、メールアドレス:     FAX:             

夏雲システムで投句される方にはアカウントとパスワードをお知らせします。
投句締切までに当季雑詠2句(WEB掲載可に限ります)をご投句下さい。
なるべく夏雲システムを使っていただけると助かります。

キャンセルは必ずご連絡ください。
不明点がございましたら事務局あてにメールください。

2020年10月3日土曜日

俳句集団【itak】第51回イベントを終えて

               俳句集団【itak】第51回イベントを終えて

五十嵐 秀彦

 

俳句集団【itak】は新型コロナの状況に配慮しながら隔月のイベントを継続実施しています。ホームである文学が人数規制によって年度内は使えないため、今回はかでるからさらに漂流し、教育文化会館での開催となりました。今回も参加者に十分な間隔を空けて座ってもらうなど、可能な範囲で対策を実施しながら開催しました。こういう情勢なので従来ほどの参加者数にならないのは当然にしても、55名の参加があったことは皆さんの関心の高さが感じられて頼もしい限りでした。

第51回イベントは「帰って来たペナンペ・パナンペ with 豊川容子」。なんといっても3回目のペナパナ+豊川容子さんの登場というインパクトある企画でした。1回目の登場は2017年の【itak】定例イベント。それが運命的な出会いとなり、2018年の藍生・【itak】合同イベントでの大活躍。豊川容子さんの歌声が全国からの参加者に大きな感銘を与え、黒田杏子さん、夏井いつきさんという強力な応援団が作られました。

そして今年10月に、東京でのコンサートが企画されていたのですが、このコロナ騒動で延期となってしまったのは実に残念なことでした。それもあって今回どうしても【itak】でその歌声を生で聴きたいという思いが強かったのです。

ペナンペ・パナンペの二人組はアイヌ文化をわかりやすく楽しく多くの人に伝えたいという思いから結成されたコント・ユニット。今回も豊川容子さんのステージの前にコントを披露して会場を柔らかくしてくれました。

毎回工夫をした新作コントを持ってきてくれます。今回は地名コントと、会いに行けるアイドル・ユメピリカひかるの「暴走」ライブで場内を沸かせてくれました。

かなりきつめの風刺がところどころに散りばめられているのがなかなか絶妙な笑いのポイントとなっていて、この方向性もいいよなぁと笑いもし感心もしました。

ペナパナさんのコントの後はいよいよ豊川容子さんの登場。幼い娘さん「シッコたん」を抱きながら現れた容子さん。1曲目の「60のゆりかご」で、シッコたんはお母さんのマイクを奪うようにして歌って親譲りの才能の片鱗を見せてくれました。十勝の英雄叙事詩や伝承歌を現代的にアレンジした歌など、容子さんならではの圧倒的な世界観を今回も見せてくれました。そしていつものようにリレー式で会場の参加者を踊りに巻き込みながらの楽しいフィナーレ。

コロナ騒動でひとりひとりが孤立しがちな社会となっています。しかし、人は同じ空間と時間を他者と共有することで互いに力を得る存在です。そのことを今回も肌で感じることができました。

第2部の句会は前回に続きコロナ対応として事前予約と夏雲システムを使っての選句用紙事前印刷、当日の選句もシステムを利用し集計した結果にもとづいて講評を進めるという非接触型の句会運営を行いました。これがベストとは思いませんが、ともかく座の灯を消さないことがいま大切なことだろうと考えております。後も安全を第一にイベントの継続してまいりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

みなさんありがとうございました。またお会いしましょう。

イヤイライケレ!

2020年9月13日日曜日

第51回俳句集団【itak】イベントは無事終了しました

昨日は俳句集団【itak】の第51回イベントにお越しいただきまして誠にありがとうございました。ペナンペパナンペと豊川容子さんによる『帰って来たペナンペ・パナンペwith 豊川容子』~アイヌ文化伝承の取り組み~はいかがでしたでしょうか。どうぞご感想などをお寄せ下さいませ。第一部の抄録については改めてこのブログにてご報告させていただきたいと思います。 今回は55名のみなさんにご参加いただきました。 ホームの文学館を今回も会場と出来ず、漂流しているわたしたちは、教育文化会館会場を移しました。やはり句会に掛ける時間が十分に取れなくなりましたが、みなさまのご協力でなんとか無事に終了できましたこと、深く感謝申し上げます。 本日のところは取り急ぎの御礼まで。 今後とも俳句集団【itak】をどうぞよろしくお願いいたします。 俳句集団【itak】幹事一同